信藤三雄事務所

信藤三雄 mitsuo shindo

信藤三雄 mitsuo shindo

アートディレクター、映像ディレクター、フォトグラファー、書道家、演出家、空間プロデューサー。
1986年、コンテムポラリー・プロダクション設立。
松任谷由実、ピチカート・ファイヴ、Mr.Children、MISIA、宇多田ヒカルなど、
これまで手掛けたレコード&CDジャケット数は約1000枚。
その活躍はグラフィックデザインにとどまらず、数多くのアーティストのプロモーションビデオも手掛け、
桑田佳祐「東京」では、2003年度のスペースシャワーMVA BEST OF THE YEARを受賞。
同年には、松任谷由美トリビュートコンサート(武道館)の演出を務める。
98年「代官山物語」で初の映画監督に挑戦。その後も03年リリー・フランキー脚本による短編映画「男女7人蕎麦物語」、
06年、初の劇場長編映画「男はソレを我慢できない」を発表する。
08年、自身の新境地である“書”を表現手法とし「信藤三雄の福は内展」を開催。
09年、中国上海M50にて個展「LUCKY ART SHOW From TOKYO by CTPP」を開催。
また、SOCIAL WORKとして2005年に、ほっとけない世界のまずしさ“ホワイトバンド”キャンペーン、
プロジェクト・レッド(モトローラ)で、映像ディレクター、及びグラフィックデザイン等を務めたのを始め、
2008年には「Child AFRICA」の立ち上げに協力、2010年に設立された「一般財団法人mudef」の理事を務めている。
2010年、2011年と国連・環境省の為の生物多様性キャンペーンのビジュアル全般を手がける。
2011年、株式会社信藤三雄事務所設立。
2014年、ペットの殺処分をなくすための活動H-E-L-P全体のアートディレクション、映像ディレクションにたずさわる。
近作に、KEITA MARUYAMAブランドロゴデザイン、LAPLUME(Samantha Thavasa)広告デザイン、
「洋服の青山」TV-CF“坂本龍一篇”、「XSOL」TV-CF、厚生労働省Smart Life Projectポスター、
日本酒「笑酒来福」パッケージデザイン、三上博史WEBサイトディレクション、
CDジャケットでは、MISIA、筒美京平、ドレスコーズ、等々。

designers

加藤大貴 hiroki kato

カトウヒロキ hiroki kato

グラフィックデザイナー、映像作家